日光市の内科・胃腸内科・肛門外科・皮膚科・外科なら
いとうクリニック

〒321-2345
栃木県日光市木和田島3043

Menu

  • HOME
  • 経鼻内視鏡検査
経鼻内視鏡検査

経鼻内視鏡検査とは

経鼻内視鏡検査

細くて軟らかい胃内視鏡を鼻から挿入し、食道、胃、十二指腸を調べる検査です。
口から挿入する内視鏡と比べ、舌のつけ根に触れないため、吐き気などからくる反射がかなり少なくなっています。
経鼻内視鏡検査で鼻血が出ることがありますが、ほとんど問題なく止まります。
鼻孔が狭い場合は、口からの挿入に変更させていただくことがあります。
体にかかる負担も少なく、検査後は帰宅可能です。
気持ちを楽にして検査を受けてください。

LCIとBLIによる画像強調機能とは

LCIとBLIによる画像強調機

カラーイメージで画像が強調され「小さながん」でも把握しやすくなります。
見つけにくい早期胃がん発見の向上につながっています。(富士フイルム)
拡大して画像を観察することも可能です。

経鼻内視鏡検査のメリット

1.苦しくない

  • 口からの内視鏡に比べ挿入時につらくないです。
  • 吐き気や息苦しさはかなり少ないです。
  • 心拍数・血圧の変動が少ないです。

2.検査中に会話ができる

  • 検査中に医師と同じモニター画像を見ることができます。
  • 説明を受けながら、不明点や疑問点をその場で確認することができます。

3.検査後、帰宅ができる

  • 車の運転・軽い仕事や家事など可能ですが年齢など個人差があります。
  • 30~60分後には確認の上、飲食が可能です。

検査前の注意点

検査の前日

  • 夕食は午後9時頃までに摂取してください。
    (できれば消化の良い物を召し上がってください。)
  • 前日のアルコールは控えていただきます。
  • 早めに就寝しましょう。
  • 水分は夜中0時まで飲むことができます。

検査当日の朝

  • 朝食は摂らないでください。
  • 水分は、検査の2時間前までコップ2杯程飲むことができます。
  • 事前に内服薬に対する指導がありますのでご注意ください。
  • ガードルやコルセットなど「おなか」を締め付けるものは検査前に外しておきましょう。

検査当日の流れ

受付

問診
予約時間の10分前にはクリニックに着くようにし、受付を済ませます。
安全に検査を行うため、事前に以下のようなことをおたずねします。
● 薬のアレルギーはありますか?
● 感染症(肝炎など)はありますか?
● 今までにお鼻の病気にかかったことがありますか?
● その他に現在お薬を飲んでいますか?
● 血液をサラサラにする薬を飲んでいますか?
● 今までに大きな病気をしたことがありますか?
前処置
1.消泡剤を飲みます。
 胃の中をきれいにします。
2.表面麻酔や血管収縮薬を両鼻孔に入れます。
 鼻の粘膜の腫れや充血を取り、内視鏡の通りがよくなります。
3.鼻腔に麻酔を行います。
 局所麻酔なので眠くなりません。
4.麻酔薬を塗った細くて軟らかいチューブを鼻から挿入します。
 鼻の痛みを防ぎ、内視鏡の通りをスムーズにします。
5.胃の動きを鈍くさせる注射をします。
内視鏡
挿入
6.通りのよい方の鼻から内視鏡を挿入します。
 検査は10分程度です。
検査後
7.検査前の注射、麻酔薬の影響がなければ帰宅可能です。
8.検査結果は検査中にも軽くコメントしますが、後日、改めてモニターを見ながら説明いたします。

注意事項

  • 分からないことがありましたら、遠慮なくおたずねください。
  • 次回来院の指示がありましたら、必ずご来院ください。